サイトメニュー

障害年金の条件

医者と看護師

うつ病になり、障害年金を受給しようと思った時に何も知らないと不受理となり、受給できなくなることもあるため事前に条件などを知っておくようにしましょう。また、等級によって受給額も異なるため知っておくと良いです。

詳しく見る

ストレスがもたらす影響

医者

誰もが軽度のストレスは抱えているもので、軽度であれば問題ありませんがストレスを溜め込みすぎるのは危険となっています。ストレスが原因でうつ病以外にも様々な病気を引き起こす可能性があり、また生活をしていくためにも障害年金は知っておくことが大切です。

詳しく見る

運動が効果的な治療法

医者

うつ病になってしまうと抗うつ薬などを用いて治療が行われていきますが、薬に頼りたくないという人は運動をすると良いでしょう。また、障害年金を受給している場合は薬を処方しないことにより節約に繋がることもあります。

詳しく見る

精神的な病について

悩む男性

心の病は身体的症状も起こすものであり、社会生活や日常生活にも影響を及ぼすため早急に改善することが大切です。また、お金の心配がうつ病を重症化させることも考えられるため障害年金や制度を活用してお金の問題も解消していきましょう。

詳しく見る

様々な悩みを解消

院内

肉体的な疲労はしっかりと休養を取り、栄養バランスの取れた食事をとることによって解消できますが、心に疲れがたまると慢性的なストレスとなりうつ病となる可能性があります。障害年金を利用し、経済的不安を解消した上で健康生活を心掛けると良いでしょう。

詳しく見る

うつ病患者は増えている

悩む男性

ストレスチェックというものが義務化されたことによって、企業はまずすべきことが常時雇用している労働者に対してストレスチェックを実施することが、その企業の事業所の義務となるのです。このストレスチェックというものは、企業の各事業者がその事業所の労働者に対して心理的な負担の度合いを把握するための検査のことをいいます。また、従業員数は50人未満の事業所の場合には、当面は努力義務になります。ストレスチェックの調査票には仕事のストレスの要因や心身のストレスの反応および職場の周囲のサポートという3つの領域をすべて含まれることになります。どのような調査票を使うのかということは、その事業者は自分で選択することが可能なのですが国では標準調査票として職業性ストレス簡易調査票57項目というストレスチェック用の調査票を推奨しています。ストレスチェックの結果はストレスチェックを実施した人から直接本人に通知するのですが、本人の同意がない限りはその事業者には提供してはいけないことになっているのです。このストレスチェックの結果の通知を受けた労働者の中でストレスが強い人として面接指導が必要であるというような評価を受けた労働者から申し出があった際には、医師による面接指導を実施することが、その事業所の事業者の義務になります。事業者は、その面接指導の結果に基づいて医師からの意見を勘案して必要性があると認めた場合には、その労働者の就業上の措置を講じる必要があるのです。また面接指導を申し出たことを理由にして、その事業所の労働者に不利益な扱いを行うことが法律で禁止されています。その他にもストレスチェックを受けないことや事業者に対してストレスチェックの結果の提供に同意しないこと、さらにはストレスが高い労働者として面接指導の必要性があると評価をされたにもかかわらず、面接指導を申し出ないことを理由にして不利益な扱いや面接指導の結果を理由としたような解雇、雇用止めや希望退職の推奨など、または不当な転属などの実施してはいけないのです。厚生労働省によると、自殺やうつ病によって起こる経済的損失はこの日本で2009年においてはおおよそ2.7兆円もあるということで、さらに2014年の自殺者は2万5000人を超えており、そのうちの3,200人ほどが会社での勤務状況の問題を苦に命を絶っているのです。このような状況ですので、この日本の企業においてメンタルヘルスの改善が緊急の課題であることは間違いないでしょう。

今や様々な企業でストレスチェックが導入されているものの、うつ病を完全に予防できるものではありません。また、もしうつ病になってしまうと気になる部分としてお金があり、収入がないと生活ができないと不安になってしまうものです。この不安がうつ病を悪化させてしまう原因にもなるため、不安を解消するために制度の活用や障害年金の受給を検討すると良いでしょう。障害年金はうつ病患者すべての人が申請すれば受給できるものではなく、日本年金機構が定める一定の基準をクリアした人しか障害年金を受給することはできません。また、保険料の納付や免除されていない場合は障害年金の受給対象外になってしまうため、事前に確認しておくことが大切です。

人気記事

医者と看護師

障害年金の条件

うつ病になり、障害年金を受給しようと思った時に何も知らないと不受理となり、受給できなくなることもあるため事前に条件などを知っておくようにしましょう。また、等級によって受給額も異なるため知っておくと良いです。

詳しく見る

医者

ストレスがもたらす影響

誰もが軽度のストレスは抱えているもので、軽度であれば問題ありませんがストレスを溜め込みすぎるのは危険となっています。ストレスが原因でうつ病以外にも様々な病気を引き起こす可能性があり、また生活をしていくためにも障害年金は知っておくことが大切です。

詳しく見る

医者

運動が効果的な治療法

うつ病になってしまうと抗うつ薬などを用いて治療が行われていきますが、薬に頼りたくないという人は運動をすると良いでしょう。また、障害年金を受給している場合は薬を処方しないことにより節約に繋がることもあります。

詳しく見る

悩む男性

精神的な病について

心の病は身体的症状も起こすものであり、社会生活や日常生活にも影響を及ぼすため早急に改善することが大切です。また、お金の心配がうつ病を重症化させることも考えられるため障害年金や制度を活用してお金の問題も解消していきましょう。

詳しく見る

Copyright© 2019 うつ病になった時のお金の工面法【障害年金でお金の心配を解消】 All Rights Reserved.