サイトメニュー

障害年金の条件

医者と看護師

生涯のうちにうつ病を発症する割合は増えており、誰もが罹ってしまう危険性のある病となっています。そのため、うつ病に対する知識を身につけておく他にもうつ病になってしまった時、助かる制度を知っておくようにしましょう。まず、うつ病になってしまうと仕事ができない状態になってしまい、仕事ができないイコール収入がなくなってしまうこととなります。人によっては家庭があるため無理にでも働かなくてはと思い、うつ病を悪化させてしまうこともあるでしょう。うつ病が悪化すると治療にかかる期間も長引いてしまいますし、治療費も多くかかってくるため悪化させないことが大切です。お金の面を気にしてうつ病が悪化してしまったという人も多いのですが、うつ病の場合は無理に働かずとも生活をしていくことができるのです。それは障害年金をもらうことであり、障害年金を受給することで治療費や生活を賄うことができます。

障害年金を受給するためにはまず公的年金に加入しており、加入期間の3分の2以上の期間分保険料が納付されている、もしくは免除されていることが条件となっています。次に障害の程度が認められなければ障害年金を受給することはできないでしょう。保険料が納付されていなかったり、免除されていない場合はうつ病が重症であっても障害年金を受給することはできないので確認しておくことが重要です。また、うつ病の障害の程度はわかりにくいものですが、基本的な等級は1~3級となっています。3級は軽度となっており、日常生活に問題がないものの仕事に支障が出ているという場合は3級と認定され、日常生活に支障を来すのであれば2級、誰かにサポートしてもらわないと日常生活が送れない場合は1級となっています。

Copyright© 2019 うつ病になった時のお金の工面法【障害年金でお金の心配を解消】 All Rights Reserved.