サイトメニュー

ストレスがもたらす影響

医者

ストレスというものは、肉体的に悪影響を与えるだけではなく、社会的にも影響を及ぼすものです。慢性的なストレスを抱えないようにするためにも、日ごろから上手にストレスを解消する方法を身に付けるようにした方が良いでしょう。人間はストレスが加わってしまうと身体に防御反応が働くことによって、ある程度までは受けたストレスに対して適用しようとするのです。しかし、その適用能力は限度を超えるストレスを受けたり、そのストレスを継続したりすると、その適応能力を失ってしまうと心だけではなく、身体的にも大きな悪影響を与えます。なぜなら、人間の体の臓器などをコントロールしている自律神経のバランスが心の状態を悪くすることによって、そのバランスを崩してしまい、体調の変化となって現われてしまうからです。初期と慢性的なストレス状態では、そのストレスの感じ方にも差が出てきます。このようなストレス社会の影響ですが、人間はストレスにさらされて、その状態が長く続いてしまうと社会生活にもトラブルを及ぼしてしまうことになります。例えば、つまらないミスが増加してしまうことによって様々な能率が低下してしまい、その結果けがをしたり、また他人に迷惑をかけてしまうようなことがあるのです。たとえば、人にぶつかってしまったり、何の理由もなく会社を休むようになってしまうと、職場の人間関係や信頼関係などにも問題が起こることになり、職場でますます孤立していくようなことになりかねないのです。また、そのようにならないためにも、ストレスを引き起こしてしまうような症状と対策症候群などを知っておくことによって深刻な病気やトラブルに対する予防対策にもなるのです。また、そのような予防対策をせずにストレスを溜めてしまい、やがて悪化してしまうと心の病気になってしまうのです。具体的なストレスによる症状としてはサンドイッチ症候群、燃え尽き症候群、単身エレジー症候群、錆びつき症候群、テクノ不安症、不潔恐怖症(いわゆる潔癖症)、昇進うつ病、擬態うつ病、ランチメート症候群、ギャンブル依存症、また、最近ではインターネット依存症などもあります。さらには最近の症候群としては新サンドイッチ症候群や空き巣症候群、スーパーウーマン症候群、帰宅拒否症候群、慢性疲労症候群、転勤うつ病、朝刊症候群、過敏性腸症候群、ピーターパン症候群、仮面うつ病、情報洪水症候群といったような新しい心の病気が増加しているのです。

このようにうつ病以外にも様々な症状や病気を発症する危険性があるため、ストレスは常日頃から発散しておくことが大切だと言えるでしょう。また、万一うつ病などの病気になってしまった際は日常生活を送っていくためにも障害年金などを受給しておくと良いです。依存症などであれば障害年金を受給することができませんが、うつ病のように仕事ができない状況にある場合は障害年金を受給することができます。就労しながらでも障害年金の受給が受けられることもありますが、仕事ができる状況となってくると不受理となる可能性もあるため予め把握しておきましょう。

Copyright© 2019 うつ病になった時のお金の工面法【障害年金でお金の心配を解消】 All Rights Reserved.