サイトメニュー

精神的な病について

悩む男性

心身症について

心身症というものは、人間の体の疾患の中でもその身体発症病状の変化とストレス(心理的要因)との間に時間的相関関係が認められる疾患のことです。心身の関係を支えるメカニズムというものは、体の内部環境を保つ機能に関係しているが、自律神経および内分泌系、免疫系などに依存しています。この心身症とは心の病気とは違って目に見える形で異常が生じる場合や筋肉・内臓の緊張といったような人間の体内機能のシステムに異常が起こるケースとに分けることができます。このような心身症に影響を及ぼす原因としては、心理的社会要因というものがあるため、職場の環境などを中心とした社会的側面の要因などが重要な原因となっている病気と言えるのです。このような心身症はなかなか完治しない消化器系の潰瘍や気管支喘息、コントロールがうまくいかない糖尿病や高血圧性および慢性的な下痢や腹痛などが症状を引き起こし、職場などにおいては欠勤や遅刻などとして現れやすい病気でもあるのです。そのような背景に職場の要因ではないか、というようなことを検討をすることが大切になります。

メンタルヘルス不調

メンタルヘルス不調というものは精神および行動の障害に分類されるといわれる精神障害や自殺だけではなく、ストレスの強い悩みや不安、労働者の心身の健康が悪化、社会生活及び日常生活に影響を与える可能性があり、もしくは問題を起こしている状態です。また、精神疾患だけではなく、心身症や出勤困難及び職場での人間関係にあるストレスや仕事上のトラブルが多発、過剰な飲酒による心が不健康になるような状態のことをいいます。このようなメンタルヘルス不調からうつ病を引き起こしやすいのですが、労働者の中でうつ病になっている人が10%から5%と言われています。このうつ病になる人も見られるメンタルの不調としては、初期症状として全身の倦怠感や頭重感、食欲不振などの身体的な症状が挙げられます。そのため、このような兆候が見られた場合には、出来る限り早く医師もしくは心療内科などで診察をすることがうつ病を重症化させないために大切になります。このようなメンタルヘルス不調からうつ病を発症するきっかけは、従来は責任感が強く、几帳面で真面目、そして周囲の人に気を遣ってしまう、何かあると自分を責めてしまうといったような傾向が見られるような人に多いと言われていました。そのような人に対する対応方法としては、休養や薬の服用による心身的疲労回復が大半の症例に有効です。

お金の問題も解消

うつ病は風邪などと違ってどのくらいの期間で治療が終わるというゴールが見えないため、病院代や薬代、交通費などトータルでいくらかかるのかも不透明です。それゆえ経済的不安を覚え、うつ病を悪化させてしまうことにもなりかねません。そういった場合、障害年金を活用してお金を工面していくと良いでしょう。障害年金は条件をクリアしている方のみが受給できるもので、等級によっても月々もらえる金額が違ってきますが無収入になるという心配はありません。そのため、うつ病になってしまった際は障害年金の受給手続きを行なっておくようにしましょう。また、障害年金以外にもサポート制度を活用するのが良く、1つ目に「自立支援医療制度」が挙げられます。通常、病院を受診する際は健康保険を使って3割負担となりますが、この自立支援医療制度を使うことにより1割負担にまで減らすことができます。病院にかかる費用を抑えることができるため、治療費を安くしていくことが可能です。またもう1つに「精神障害者保健福祉手帳」があり、税制上の優遇措置が受けられたり、バスやタクシーなどの公共交通機関の割引や公共施設の料金が割引されたりと経済的にサポートしてくれるため活用することをおすすめします。

Copyright© 2019 うつ病になった時のお金の工面法【障害年金でお金の心配を解消】 All Rights Reserved.